エタック海外にもありまぁす!!

エタック海外営業課ASEAN担当の阿部と申します。
皆様お初にお目にかかります。

そうなのです。エタック…実は海外にもあるのです。
私自身も月1回ASEANに出張しておりエンドユーザー様にお会いさせていただく機会があるのですが、

「え、エタックさん海外展開しているのですか?!」

と驚かれることが度々ございます。

実際にはエタックとして現地法人はありませんが、弊社チャンバー取扱い経験豊富な現地代理店を各国に展開しておりまして、据付や操作説明はもちろん、修理や校正等のアフターサービスも万全な体制になっております。

現地代理店を置いている国は例として下記の通りです。
東アジア、東南アジア主要国はほぼほぼカバーしております。

中国 韓国 台湾 タイ マレーシア インドネシア ベトナム フィリピン

今後当ブログにて定期的に弊社海外代理店のご紹介ができればと存じます。


まずは第一弾としてタイの現地代理店DKK Engineering Co., Ltdを紹介させていただきます。

DKK Enginieeringの方々。中心は社長のAdul氏。

弊社とは既に20年以上もの付き合いとなる現地代理店で、社長のAdul氏が起業し弊社エタック製品を主力に取扱っております。環境試験機に必要な冷却水設備、純水供給設備等の一次側設備に関する御相談可能です。
ドンムアン空港からほど近いパトゥムターニーに事務所を置いておりますので、比較的各工業団地にも出やすく、タイムリーな対応に定評を得ております。

今後タイでの新規環境試験機購入をご検討の際には是非弊社エタック海外営業課へお気軽にお問い合わせください!!

尚、余談ですがタイにお越しの際は是非下記レストランにお立ち寄りください。スワンナプーム空港すぐ近くの為、ご帰国ギリギリまでタイの新鮮なシーフード料理をお楽しみいただくことができオススメです。

Baanklangnum 3 restaurant

空港の真裏に位置し飛行機好きにはたまらない立地
名物の川エビ

味噌がたっぷり詰まったアユタヤ名物の川エビは大きく食べ応えもあり、プリッとした食感が絶品で、またさっぱり味が特色であるタイ地ビールのチャーンビールとは最高のマリアージュです。

ではでは、皆様からのお引き合い心よりお待ちしております。
海外営業課/阿部

瑞浪オススメスポット~きなぁた瑞浪~

皆様、新年あけましておめでとうございます。

エタック営業の佐藤です。本年もどうぞよろしくお願い致します。

新年1発目のブログですが、弊社受託試験所が所在を置いております瑞浪周辺の

オススメスポット「きなぁた瑞浪」をご紹介させて頂きます。

きなぁた瑞浪とは?

きなぁた瑞浪は、岐阜県瑞浪市にある地元の農産物の直売所になります。農産物の販売だけではなく、

地元の名産を使用した飲食店、バーベキュー広場まであり、瑞浪の良さを発信する素敵なスポットです。

「きなぁた」は瑞浪市のある東農地方の言葉が由来で、「よく来てくださいました」

という意味で使われる言葉から名付けられたみたいですね!

弊社みずなみ試験所からは車で片道10分程度で行けちゃいます!!

きなぁた瑞浪潜入レポート

そんな素敵なスポット「きなぁた瑞浪」に佐藤が、お昼休みに行って参りましたので

早速レポートさせて頂きます!

大きな国道19号線にあり、目立つ看板があるので迷わず行けちゃいますね!

駐車場も広くてスペースが十分あるので、僕みたいなペーパードライバーでも安心です!実は、きなぁた瑞浪の向かい側にも美味しいうどん屋さんがあるんです!それは、また別の機会に他のオススメ瑞浪ランチスポットとしてご紹介させて頂ければと考えてます。

麺や一歩一歩

きなぁた瑞浪内になる「麺や一歩一歩」では、瑞浪の超有名らーめん店あきん亭のあきんめんを食べることが出来ます!

ズルズル。。。。。。。うん、めちゃく美味しいです。自家製面はコシがあってのど越し最高!スープは、スタンダードな醤油味でどこか懐かしい気持ちになる味です!

見てください!

このチャーシュー!!!

めちゃくちゃ肉厚!!

しかもこの写真はチャーシュー麺ではございません。普通のラーメンを頼んで、このボリュームでチャーシューが複数枚入っています。正直言って最高。。。この一言に尽きます。

実は、こちらのあきんめんとチャーシューは、テイクアウト用のものも販売しているようですので、瑞浪出張のお土産にもオススメです!

ボーノポークハム工房”瑞浪”

続いてご紹介させて頂くのは、ボーノポークハム工房”瑞浪”です。こちらのお店では、瑞浪名産のボーノポークハム、ボーノポークを使ったモーニングやランチを楽しむことが出来ます!

今回は、ランチで煮豚丼を頂きました!

モグモグ。。。。。

うん、肉厚な豚肉に甘しょっぱいタレがマッチしてめちゃくちゃ美味しいです!卵、スープ、お漬物等もセットで付いてくるのも嬉しいです。

バーベキュー広場、ウォーキングコース

流石に平日のお昼、冬シーズンなので、利用されている方はおりませんでしたが、バーベキュー広場はめちゃくちゃ綺麗に整備されていて、家族のレジャーには良さそうでした。

実は、きなぁた瑞浪を中心としたウォーキングコースもありますので、長期で瑞浪に出張でお越し頂く際には、是非チャレンジして頂ければと思います。

まとめ

今回は瑞浪オススメスポットとして、きなぁた瑞浪をご紹介させて頂きました。瑞浪には、他にも魅力的なスポットがたくさんありますので、是非弊社みずなみ試験所に足を運んで頂けますと幸いです。

試験所見学も大歓迎です!

お問い合わせは弊社下記リンクのHPからお願い致します!

エタック製品紹介 | 信頼性試験/環境試験のETAC

最後まで読んで頂き、有難うございました。

【受託】 三次元測定×環境試験 

KEYENCE ハンディプローブ三次元測定機 XM-5000

こんにちは、山形営業所の高橋です。

この度、山形試験所ではKEYENCE ハンディプローブ三次元測定機 XM-5000を導入しました。

https://www.keyence.co.jp/ss/products/measure-sys/xm/007/2111_01.jsp

サンプルにプローブを当て、縦・横・高さの三次元座標を取得します。測定点を増やすことで寸法や形状を把握することができます。測定範囲は最大2mまであるので大型サンプルも測定できます。
測りたい場所にプローブを当ててボタンを押すだけで簡単に測定ができます。プローブがハンディタイプなので取り回しが楽です。

試しに、樹脂成形品(ポリエチレン製)を熱処理前後で測定してみました。

※画像は測定結果のイメージです

熱処理によって変形していますが、立体物は定規やノギスでの測定が難しいです。そんなときは三次元測定機が便利です。
はじめに基準点(原点)を決めます。次に任意の点を測定すると、基準点からの座標を得ることができます。これを繰り返すことで寸法を算出していきます。

このように熱処理前後の形状変化を数値で把握することができます。

今回は準備できませんでしたが、測定点を増やすか、もしくは3Dスキャナーと組み合わせるなどしてCADデータを起こせば、3Dモデル上で寸法の変化を比較することもできます。(便利ですね)

樹脂成形品などで環境試験と組み合わせて寸法評価をしたいお客様は是非ご相談ください。

さまざまな環境試験と組み合わせできます

◇温度(湿度)試験 ◇熱衝撃試験 ◇振動試験 ◇耐光性試験 ◇耐水試験 ◇化学負荷試験 

 

ありがとうございました。

名古屋販売課に新人2名が入社しました。

こんにちは。エタックの照内です。

この度、名古屋販売課に営業として新人2名が入社しました。
東京本社での2ヶ月間の研修期間を経て、既に名古屋に配属されています。

写真は研修中の一場面です。

まじめに研修を受けていますね。(やらせっぽい写真ですが…)

研修では座学以外にも、先輩営業と同行したり、装置の使用方法や立上げ方を学んだり、疑似商談や確認テストなどを実施して理解度を深めました。

東海地区のお客様、フレッシュな2人をどうぞこれから宜しくお願い致します。
2人とも明るく話好きなので、環境試験器や信頼性試験についてはもちろんのこと、
それ以外のことでも色々とお話頂けたら幸いです。

今回の2名だけでなく、実はここ数年で若い社員が少しずつ増えています。
「若い人のパワーに刺激されて私もまだまだ頑張らないと!」と思う
四十路前のオジサン照内がお送りしました。

ETAC x WeissTechnik 主要会議 in Germany

コロナ明け後、ドイツへの世界一周のビジネストリップ。

ETAC事業部とWeissTechnik社がパートナーシップを組み始めて5年目となります。毎年数回にわたりドイツから日本へ、日本からドイツへ各企業のトップマネージャーが両国を渡航し、主要会議を行ってきました。コロナ過では2年ほど渡航ができないこともあり、Web会議でしのいでいましたが、2023年になり海外出張が解禁され、10月にはETACトップマネージメントがドイツへ渡り、主要会議をWeissTechnik社Reiskirchenで開催しました。

世界一周 ドイツ⇔日本

ドイツへの渡航はウクライナ戦争の影響もあり、ロシアの上空の飛行を避けるため、通常の往路とは異なり、行は北回り経由(約14時間45分)で、帰りは南回り経由(約13時間30分)で往復し、世界一周の長旅となりました。

赤ルート:ドイツ行き / 青ルート:日本行き

ドイツ・WeissTechnik社(Reiskirchen)

ドイツReiskirchen(ライスキルヘン)に工場を持つWeissTechnik社は広大な土地に複数の施設を所有し、『小さな村』のような大規模な工場施設です。フランクフルト空港から車で約の71km離れています。ドイツではドイツならではのアウトバーンがあり、速度無制限で車移動ができる区間も所々あり、日本からきている我々は1時間、地元の人だと約40分で移動できる距離になります。

宿泊施設・Wetzlar(ベッツラー)

Wetzlarはカメラで有名なLeicaの本社があります。本社と同施設にホテルがあり今回の渡航ではWetzlarにあるErnst Leitz Hotelで宿泊しました。ライカミュージアムやカメラを販売しているショップがあり、多くのカメラファンが同施設で撮影をしている姿が印象的でした。

週末町を散歩してみたら所々にライカの歴史を感じる説明文があり→→→→→→→→→→→→→→→
思わず自分も同じ写真を撮ってみたりしました。
宿泊施設は町の風景と異なりモダンなスタイル。
同施設にあるライカミュージアム。

ドイツには24hコンビニはない!!!!

ドイツへ渡航する時には一つ日本人として注意すべきところがあります。ドイツにはコンビニはありません。大都市でも小さな村でもドイツでは基本的に17時~19時の間でお店が閉まります。日曜日には全店舗一日中閉まっています。日本と同様の感覚で夜コンビニでちょっと夜食や飲み物を買うことができません。自動販売機も路面では見かけることもなくのどが渇いている状態で閉店した施設の中にある自動販売機を眺めている自分もいました。昼のうちに夜用の飲食類を買っておくのがおすすめですが、割高での購入でOKであれば、ガソリンスタンドが唯一の24h空いている店舗になります(非常に高いので注意)。

ETACxWeissTechnik主要会議

旅行ネタのようなブログになり、会議の内容には触れることはできませんでしたが、今後ともお客様・ユーザー様へ最先端の環境試験器事情と欧州業界事情を提供できるよう情報収集もさせていただきましたので今後ともご期待いただけると幸いです。ETACとWeissTechnikの関係は年々と深まりより良いパートナーシップへと成長しつつあります。当パートナーシップの結果を今後とも楽しみにしていただけるよう引き続き専念させていただきます。

2011.3.11.14.46

皆様こんにちは、エタックの佐藤(久)です。

2011.3.11.14.46

我々日本人が生涯忘れられない数字、東日本大震災が発生した年月日と時刻です。

宮城県石巻市にある石巻南浜復興祈念公園に行ってきました。

(後半、被災当時のまま残されている場所の画像がございます。ご気分の悪くなる方は閲覧をお控えください。)

被災した石巻市の海に近い約1km四方が復興祈念公園として建築されています。

公園の中には「みやぎ東日本大震災津波伝承館」があり、“逃げる”をテーマにした動画が上映されています。 今まで見たことのない、つらい映像ばかりでした。

慰霊碑には亡くなられた方々のお名前が刻まれています。

植林された木々はこれから見下ろせないくらい大きくなっていくのでしょう。

公園の北側には被災した門脇小学校が、当時のまま残されていました。

『3階に逃げたとしてもダメだったのか。』 想像を絶する恐怖だったのだと思うと心が痛みます。

この祈念公園のホームページに記載されているように、「追悼と伝承の祈念公園」ということで、伝承の気持ちを込めて、今回この記事を書かせていただきました。

石巻南浜津波復興祈念公園 | 東日本大震災の記憶と教訓を後世に伝える拠点となるよう設立されました。 (ishinomakiminamihama-park.jp)

ご覧いただきありがとうございました。

塩水噴霧/塩水複合サイクル試験

追加新設3台“ascott社製”2023年11月稼働開始‼

こんにちは、東京本社の田中です。当社では既に塩水噴霧試験機を3台保有しておりましたが、この度、さらに塩水シャワー試験機の3台追加導入(サービス開始)が決定しましたのでご案内いたします。

今回の導入機は、ascott社製の「シャワー方式」タイプの塩水試験機です。シャワー方式といってイメージはつかれますでしょうか…?                                           一般的に言われる”塩水噴霧”は霧状に塩水が撒かれますが、”塩水シャワー”は「より大きな水滴」で「一気に」試験品を濡らすというものです。

これまで当社では国内自動車メーカー様等が採用されているJIS規格「JIS C 60068-2-52」の塩水サイクル試験のサービス提供を行ってまいりましたが、本機導入により、国際規格(ISO16701、ISO11997-1 Cycle B)や海外自動車メーカー規格(VCS1027-1449、GMW14872、Ford CETP 00.00-L-467)等の “塩水噴霧”ではなく”塩水シャワー” の要求試験にもお応えできるようになります!

ETAC試験機一覧

メーカー    ascott    ascott  スガ試験機 板橋理化工業
型式 AT1300iP9/8    S120iS CYP-200DZ   TQ-2
保有台数 各1台 (11月~) 1台 (11月~)   1台   2台
内寸WHD(㎜)*11190×1250×760675×1250×4002000×1000×10001000×490×600
耐荷重(kg)*2   300   120   300   60
噴霧形態 シャワー/ミストノズル シャワー/ミストノズル   噴霧塔  ミストノズル
噴霧量(毎時)   5~10L/㎡~2.5mL/80c㎡~2.0mL/80c㎡~2.0mL/80c㎡
溶液  5% Nacl  5% Nacl  5% Nacl  5% Nacl
塩水噴霧   RT~+60℃ RT~+50℃ +35,+50℃ +35,+50℃
乾燥   RT~+80℃   ーRT~+70℃ +20~70℃
湿潤 10~95%RH   ー 60~95%RH 60~95%RH
冷却RT~-40℃/-20℃   ー    ー RT~-20℃
浸漬*3   ー   ー    ー  ~+60℃
*1 試験体のサイズによっては投入が難しい場合もございますので、一度お問合せをお願い致します。                  *2 試験体の設置位置状態によって多少の差がありますので、一度お問合せをお願い致します。                     *3 浸漬深さは~400㎜となります。                                           

ISO16701  “塩水シャワー“                      ISO16701の4.2 Spraying deviceの要求事項内、噴霧形態に関する記載があります。             

JIS C 60068-2-52 “噴霧塔” “ノズル”            JIS Z 2371の箇条5(装置)の要求事項内、「噴霧塔」または「噴霧ノズル」という記載があります。

各 “噴霧方式” で「塩水噴霧 ⇔ 乾燥 ⇔ 湿潤」のサイクル試験を実施可能です。 

また、試験+α の「計測・解析」も当社で実施もできます!

                  例)変形・腐食量・腐食深さ等

塩水噴霧試験のご用向きがございましたら、いつでもお問合せください!

名古屋に転勤になりました。

こんにちわ!ETAC営業の佐藤です!

タイトルの件ですが、私、佐藤は7月付で東京から名古屋営業所に転勤になりました。

今後は、愛知地区の営業を担当させて頂きますので、是非よろしくお願い致します!

本日は、東京から名古屋に転勤してまだ数週間しか経ってませんが、佐藤が転勤して

感じたことをご紹介させて頂きます!

①アクセス・移動が便利

 

 転勤する前は、愛知地区と言えば車社会。移動に車は必須と考えていましたが、市内は

 地下鉄の本数も多くて移動しやすかったです。また、電車が東京と比較してそこまで

 混まないので、通勤ラッシュのストレスが大分緩和されました!

 2027年以降リニア中央新幹線も出来る予定ですので、県外への移動も

 更にしやすくなることが期待されます!

②美味しいお店が多い

 愛知 名古屋と言えば、名古屋飯、味噌カツ、手羽先、ひつまぶし等色々ありますが、

 勿論それ以外の美味しいご飯屋さんもたくさんあります!

 調べてみたら、都市別年間外食費の平均値が全都市中上位に入ってました。

 つまり外食する人が多くて、グルメな都市なんです!

 喫茶店文化、モーニング文化もある都市で朝早くからやっているお店が

 たくさんありますので、早起きして仕事前にモーニングでまったり過ごす、

 みたいなゆとりのある生活も送れます!

③物価が安い

東京と比較してですが、家賃や駐車場代等かなり割安に感じました。

調べてみたところ、総務省統計局の「消費者物価指数」では、

平均を下回っておりました!

まとめ

総評すると、愛知県は非常に住みやすくて素敵なところだと感じました。

今後、名古屋営業所の営業担当として愛知県という地域の魅力もたくさん

発信していけたらと思っています。

本日のスタッフブログは以上です!最後まで読んで頂き、有難うございました!

三崎峠と日本海(夏の東北)

こんにちは、山形営業所の高橋です。

早いもので2023年も折り返し、夏到来です。今日は製品の紹介をお休みしてちょっとした景勝地の紹介です。

夏と言えば海。動画は山形県遊佐町と秋田県にかほ市に跨る三崎峠付近で日本海を映したものです。

 Googleマップ⇒  三崎峠駐車場

カメラのアングルはいまいちですが、景色は大変きれいです。天気が良いので飛島も見えます。(0:13付近です)

駐車場では秋田名物のババヘラアイスを販売していることもあります。おいしいですよ!

山形‐秋田の沿岸部をドライブされる際は是非立ち寄ってみてください。

   

ありがとうございました。

急速温度変化試験器 待望のWeissジャパナイズ製品発売!

当社のオフィシャルパートナーであるドイツの環境試験器メーカ「Weiss社」の急速温度変化試験器 ClimeEventについて、ついに日本市場に向けたジャパナイズ製品が発売になりました。

仕様概要

型式ESS-J C/600/70a/5
温度範囲ー70℃~+180℃
湿度範囲10~98%RH
内寸法(W×H×D mm800×950×800
内容量(リットル)600
外寸法(W×H×D mm1115×2037×1682
冷媒(GWP)R-449A(1396) + R-469A(1357)
電源AC200V 3相

海外製の装置ですが、AC200Vで稼働します!別置きのトランスなどは不要です。

今まで日本国内で後付していた漏電ブレーカも、日本式に倣い、きちんと装置に内蔵されています。

また、冷媒は単段側・二元側いずれも低GWP型の新冷媒を採用しており、フロン排出抑制法におけるGWP目標値1500以下をクリアすることで、お客様の調達指針に適合しています。

さらに冷凍機などの主要部品を日本メーカ製に変更しているので、海外メーカの装置ですが、メンテナンス面でのリスクも少なくなっています。

性能概要

温度上昇時間+20℃ → +180℃まで 40分以内
温度下降時間+20℃ → ー70℃まで 40分以内
温度変化速度(上昇)※ー45℃ → +155℃まで 6.0℃/min
温度変化速度(下降)※+155℃ → ー45℃まで 6.0℃/min
許容発熱負荷(温度運転時)5000W (設定値:ー20℃~+100℃)
許容発熱負荷(温湿度運転時)500W (設定値:+25℃~+95℃/~90%RH)

※IEC60068-3-5 2018準拠

特筆すべきは5000Wという発熱負荷を、

ー20℃から+100℃までの、幅広い温度範囲でカバーしていることです。

例えば、一般的な800Wの電気ヒータが6台入った状態でもー20℃で制御できちゃうんです!

能力の高さを窺い知ることができますね。

さらに、+85℃/85%RHの高温高湿試験時でも、1500Wの発熱負荷が許容できます。

また、+180℃ ⇔ ー70℃の試験条件で、有試料アルミ50kgを入れても、

上昇:6.26℃/min下降:6.66℃/min

という温度変化速度の実測データもございます。

つまり、

パワー半導体などの供試品からの発熱や大型サンプルの質量にも、柔軟に対応できる試験器であると言えますね。

もちろん、IEC 60068-2-14Nb、JESD22-A104F(はんだ接続)、LV124(ドイツ自動車規格)などの定速温度変化試験にも対応しています。

性能面の詳細や、使い勝手などについては後日改めてご紹介したいと思います。

ご興味のあるお客様は、弊社営業部までお気軽にご連絡ください。

本日も最後までご覧になって頂きありがとうございました。