試験器のご紹介 小型段積み➁

小型/多段積み低温恒温(恒湿)器
『HIFLEX NEO-ES』~その➁~

みなさんこんにちは、エタックの森下です!
前回に引き続き、小型/多段積み低温恒温(恒湿)器『HIFLEX NEO-ES』をご紹介したいと思います。
今回は冷凍機回路の特長に焦点を当てて、「運転可能周囲温度」・「許容発熱負荷」・「温度下降性能」についてご紹介したいと思います。

1、周囲温度+40℃でも運転可能

試験器をお使いになる上で「夏場にエアコン設定温度を下げられない」、「どうしても試験器エリアの周囲温度が高くなってしまう」と言ったように、厳しい周囲環境にお困りのお客様もいらっしゃるかと思います。
当製品は、性能保証範囲外ではありますが、周囲温度が+40℃の高温環境下においてもしっかりと最低温度-40℃を維持できる冷凍回路と機器制御を実現しております。

写真右の数値は試験器の周囲温度。左は試験器表示部の設定温度と槽内温度。
周囲温度+40℃付近でも槽内温度-40℃に到達しております。

2、クラス最高の許容発熱負荷

通電をしながらといったように、発熱を伴うサンプルの試験需要も増えてきております。そのような際、従来の小型試験器では温度の維持が難しい試験もありました。
本装置は低GWP冷媒R448Aとその特性を最大限引き出す冷凍回路の組み合わせにより、許容発熱量が大幅に向上しております。
高発熱サンプルでも設定温度を維持しながらの試験が可能となっております。

緑本装置。青が従来機。大幅に許容発熱負荷が向上しております。

3、温度降下速度が速い

DCインバータロータリ冷凍機を標準搭載しており、温度降下時はフルパワー運転することにより変化速度を大幅に短縮しております。
高ストレスを要求する試験に対応可能で、また、試験時間の短縮にも貢献します。

まだまだ特徴がございます!第3回もお楽しみに!

最終回の第3回は、「加湿水の節水性能」・「槽内分布特性」・「多彩なオプション」を紹介させていただきます。

当製品について、興味のある方はより詳しく書かれている製品紹介のページをご確認ください。
個別のお問い合わせに関しましては「お問い合わせフォーム」よりお待ちしております。

今回は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

試験器のご紹介 小型段積み➀

小型/多段積み低温恒温(恒湿)器『HIFLEX NEO-ES』~その①~

みなさんこんにちは、エタックの森下です!
今回は、小型/多段積み低温恒温(恒湿)器『HIFLEX NEO-ES』をご紹介いたします。
当製品の一番のアピールポイントは省スペースですが、それ以外にもたくさんの特長があります。
これから数回に分けて、それらをご紹介させていただきます。
初回ご紹介する特長は「制御範囲が広い」・「消費電力が少ない」・「低GWP冷媒採用」の3つです。

1、制御範囲が広い

一般の小型槽では制御困難な常温常湿範囲の制御が可能です。
また、最高加湿98%RH運転も可能です。
さらに、観察窓(オプション)を付けた場合も-40℃運転が可能となっております。
各業界において構成部品が小型化する中、品質は過酷かつ多様な環境下でも保たれることが求められております。そうしたお客様の要求に応えられるよう、小型でありながら可能な試験範囲の広い装置となっております。

制御範囲

2、消費電力が少ない

最新のDCインバータロータリ冷凍機を用いた冷凍能力の最適化により、消費電力を大幅に低減しております。
これまでの小型試験器と比べて、消費電力は最大69% ダウンとなっております。
環境試験器は購入後、長期にわたってご利用いただく装置です。本装置はランニングコスト面でもお客様に貢献できるものとなっております。

※従来の小型試験器との消費電力の比較の例(試験条件85℃85%定値運転、稼働率8割、15円/kWhとして)
1槽あたり削減量0.7kWhx24hx365日x0.8x15円=73,584円
1槽あたり年間約7.5万円の省エネになります。3段積みのSXN403-Eを10年使った場合、約225万の省エネになります。

3、低GWP冷媒R448A(GWP1387)採用

昨今、環境問題が喫緊の課題となっておりますが、環境試験に搭載されている冷凍機の冷媒(フロンガス)においても、環境負荷の高いものの規制や転換が進んでおります。本装置は高GPW冷媒R404A(GWP3920)やR23(GWP14800)を使用せず、世界基準の低環境負荷を実現した新世代の環境試験器となっております。
R448Aは2025年までのGWP目標値(1500以下)をクリアした冷媒となっておりますので、この先も長期間安心してご使用いただけます。

エタックの低GWP化・温暖化対策への取り組みについては、特設サイトもご用意しておりますので、ぜひご覧ください。

その他多彩な特長は第2回以降でご紹介します

次回は冷凍機回路の特長に焦点を当てて、「運転可能周囲温度」・「許容発熱負荷」・「温度下降性能」などをご紹介したいと思います。

当製品について、興味のある方はより詳しく書かれている製品紹介のページをご確認ください。
個別のお問い合わせに関しましては「お問い合わせフォーム」よりお待ちしております。

今回は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

みずなみ試験所より感謝を込めて

ご来所いただいたお客様へ

みずなみ試験所では、これまでご来所いただいたお客様に感謝の気持ちをお伝えする“まいあめ”をお渡ししてまいりました。

この度、“まいあめ”に代わる第2弾の準備も整いましたのでお知らせ致します。
第2弾の内容につきましては、試験所にお越しいただいた際のお楽しみにしていただければと思います。

なお、コロナウイルスの感染対策につきましては、十分な配慮をしておりますので、ご安心して来所いただければと思います。

今後とも、みずなみ試験所をよろしくお願いいたします。

※下の写真は第1弾の“まいあめ”です。

X線CT 受託解析サービスのご案内 

草加試験所 試験メニューについて

草加試験所では楠本化成の総合研究所としてのノウハウを活かして、信頼性に関する様々な分析・解析・評価を行っております。

■信頼性試験の解析
・断面解析
・X線CT
・外観観察
・BGA等はんだ解析
・腐食解析
・ショート/オープン/接触不良箇所
・成分分析

■製品事故解析
・焼損事故解析
・良品解析
・コンデンサ故障解析
・電気製品・実装・電化製品の故障解析
・機械的不良箇所(折損、クラックなど)

■信頼性評価
・はんだ耐久性試験
・ウイスカ試験
・コンデンサ評価試験

〒340-0004 埼玉県草加市弁天4-18-6
TEL:048-935-6511(代表)

X線CTについて

様々メニューの中から、今回はX線CTでの解析についてご紹介します。

inspeXio SMX-225CT FPD HR PLUS
マイクロフォーカスX線CT

・広視野( MAXφ400mm)
・高解像度(1400万画素)
・高コントラスト(16bit階調) 

仕様
最大管電圧225kV
最大管電流1000μA
X線検出器フラットパネル検出器
X線検出器栓検出器サイズ16インチ
最大可能ワークサイズφ400mm×H300mm
最大ワーク重量12kg

圧着端子 撮影事例

圧着端子の耐久性試験では、計測と観察のために複数の断面を作製することが必要です。
一般的には研磨にて断面を作製しますが、X線CTを用いることによりあらゆる部位の計測を1回の撮影で完結させることが出来ます。
非破壊解析であること、作業者のスキルによるバラつきがないことも利点として挙げられます。
圧着端子に対する計測項目は、クリンプハイト(C/H)、クリンプワイド(C/W)、圧縮率になります。

環境試験の外部委託をご検討中のお客様へ

受託試験全般のご案内はこちら。

受託試験に関するお問い合わせはこちら。

新製品『FX631N-E』のご紹介

R23代替冷媒『R469A』(GWP値:1,375)を採用

みなさんこんにちは、エタックの森下です!
『FX631N-E』は超低温恒温(恒湿)器でありながら、温室効果の高いR23に替わるR469Aを採用した日本で唯一の試験器です。R469AはR23に対し、GWP値(地球温暖化係数)を90%以上削減しております。 

FX631N-Eの基本スペック

自動車業界・電子部品業界をはじめとする、様々な分野で必要とされる試験条件をカバーした試験器となります。設置スペースも大容量で、寸法の大きなサンプルや、サンプル数の多い試験も対応可能です。

R404A代替冷媒『R448A』(GWP値:1,387)も採用しております。

冷凍機は2元冷凍方式となっており、高温側にはR448Aを採用しております。(低温側はR469A)

双方の冷凍機に国際基準をクリアした低GWP冷媒を採用しており、地球温暖化防止に貢献する非常に環境負荷の低い装置となっております。

環境試験器も地球に優しいものにしませんか?

世界的に高GWP冷媒の流通量が減少し、価格が高騰している中、今後のメンテナンスリスクの低減のため、そして地球温暖化防止のために、エタックは低GWP冷媒採用製品へのご更新をお勧めいたします。

より詳細を知りたいお客様へ

製品ご紹介リーフレットはこちら。

低GWP冷媒対応装置特設サイトはこちら。

製品に関するお問い合わせはこちら。

今回は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

”魅力ある試験所” を目指して

みずなみ試験所QCサークル ”MICQ” 活動中!

みずなみ試験所では ”未来を創る試験品質のお手伝い” をモットーとして ”魅力ある試験所” を目指し、より一層お客様に満足していただけるようQCサークル活動に取り組んでいます。

QCサークル活動初年度 3つの賞を頂きました

みずなみ試験所のQCサークル ”MICQ” は、結成後、初めて取り組んだ「長年隠れていた無駄のゼロ化への挑戦!」のテーマで、初年度に3つの賞、岐阜地区大会(銅賞)~東海支部大会(優秀賞)~QCサークル本部推薦(優秀賞)を頂きました。

”MICQ” メンバーの魅力

メンバーそれぞれが多様な趣味や多岐にわたる才能を活かして活動しています。日常の試験業務は勿論、QC活動でもチームワークと明るさと常に前向きな姿勢で、同じベクトルで ”魅力あるみずなみ試験所” を目指しています。個性豊かな互いに尊敬できるメンバーです。

2021年QCサークル活動について

2020年は数多くの試験のご依頼を頂きましてありがとうございます。より多くの試験が出来るよう、みずなみ試験所では2021年1月に新棟1階に最新型&人気環境試験器を17台増設いたしました。QCサークル活動では効率の良い試験(試験器)の運用を考え、お客様のご要望にお応えできるよう活動しています。

みずなみ試験所 詳細はこちら

今後ともよろしくお願いいたします。