結露サイクル試験 ご紹介

■エレクトロニクス製品の評価に欠かせない試験器

皆さんこんにちは!エタックの森下です。
今回は当社の「結露サイクル試験器/DEW CYCLE」についてご紹介しいます。

近年、エレクトロニクス製品の小型化・高密度化がますます進んでおります。
また、使用環境も屋外から屋内への移動や、機器の動作により低温乾燥状態から温度上昇して多湿環境下に変化するといった状況下にさらされるケースが増えております。
そうした中で、精度の高い温湿度条件を急激に変化させ、製品の絶縁性や腐食性を評価する試験の必要性が高まってきております。

■エタックの結露サイクル試験器は『2WAYユーズ』

結露サイクル試験器は、実施頻度を考慮すると装置の購入に踏み切れず、恒温恒湿槽2台を手動で移動して実施したり、外部に委託したりしているお客様も多いと思います。

そんなお客様のために、より効率的に装置を利用いただけるように、当社の装置は「結露サイクル試験」としてだけでなく「熱衝撃試験」としても利用できる仕様となっております。

■主な仕様と特長

◎試験温度範囲:低温-55℃、高温150℃まで対応 ⇒ 熱衝撃試験器として使用可能な温度域

◎復帰性能:ー30℃⇔+25℃95%rh、さらし各30分 復帰時間5分以内
      −55℃/30分⇔常温/5分⇔+130℃/30分 復帰時間5分以内
      ⇒熱衝撃試験器として使用可能な復帰時間の速さ


◎試験室の大きさの違いで2機種ラインナップがございます。
 型式:DC1200S/内寸法:W650xH500xD400mm
 型式:DC2010S/内寸法:W700xH500xD600mm


◎結露サイクル試験モードと熱衝撃試験モードは操作画面の条件入力により簡単切り替え可能

いかがでしょうか?
2パターンの試験が実施可能なので、省スペースかつ高稼働が見込めること間違いなしです!

なお、当社では、受託試験による結露サイクル試験のサービスもご提供しております。
みずなみ試験所・山形試験所の2拠点で実施しております。
装置の導入が難しいお客様は活用ご検討ください。

今回は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございます。

低GWP冷媒に関する特許取得のお知らせ

地球温暖化係数が1500以下の低GWP冷媒を用いた冷却装置に関する特許を取得しました。
(特許第7157725号)

エタックでは地球温暖化係数(GWP:Global-warming potential)の高い冷媒から、次の世代の低GWP冷媒への置き換えをいち早く進めています。
※R404AのGWP:3,920、当社が代替した低GWP冷媒=R448AのGWP:1,386(約65%減)
※R23のGWP:14,800、当社が代替した低GWP冷媒=R469AのGWPは1,357(約90%減)。

モントリオール議定書またはキガリ改正で規制対象となったHFC冷媒18種類は、全世界的に削減が必要不可欠な状況になってきています。エタックでは低GWP冷媒を使用することで、これら冷媒の削減とともにCO2排出量の削減に寄与しています。

エタックでは、主要製品すべてをR404AからR448Aへ置き換えすることで、使用冷媒に関する環境配慮対応、CO2削減、国際的な枠組みに対する積極的な取り組みをいち早く行ってきました。
また、お客様から従来の冷媒に関する入手性のリスクや、メンテナンスリスク、CO2排出リスクに対する方策のご要望を多くいただいており、これらにお応えした環境試験器を世に送り出してきました。

低GWP冷媒(R448A)搭載 エタック主要機種

HIFLEX NEO-E シリーズ 2018年~
HIFLEX NEO-ES シリーズ 2019年~
WINTECH NEO シリーズ 2020年~

※このほかの機種についてもご用意しています。

取得特許について

HIFLEXシリーズ(NEO-E、NEO-ES)については、低GWP冷媒を使用しながら-40℃を実現し、かつ周囲環境+5℃~+35℃でも最低温度を維持できる冷却回路を独自設計※1、搭載しています。
※1 特許第7157725号(GWP1500以下の低GWP冷媒およびオリジナル冷却回路)

インバータ冷凍回路および独自設計の冷却回路はエタックオリジナルであり、インバータ冷凍機により温度下降性能や、温湿度安定後の省エネ性についても同時に実現しています。
R448Aのような非共沸混合冷媒を使用した場合、温度グライドや冷媒圧力対策を講じたとしても-40℃まで下がらない、あるいは下がるけれども高周囲温度で維持できないなどの様々な課題がありましたが、HIFLEXシリーズは独自技術によりこれら課題をクリアした製品となっております。

今後、2025年にCO2排出量の削減目標が厳しくなるなか、さらに2029年には70%削減という目標に移ります。
エタックはお客様に引き続き安心してご使用いただけるよう、さらなる環境配慮型の試験器をご提案できるように邁進してまいります。

今回は以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

塩水噴霧試験 メニュー拡充!!

塩化カルシウム(CaCl2)対応試験器

皆さんこんにちは、エタック森下です!

みずなみ試験所の新たな試験メニューとして、試験溶液に塩化カルシウム(CaCl2)を用いた塩水噴霧試験のサービスを開始しました。

塩水噴霧試験においては、一般的には試験溶液として塩化ナトリウム(NaCl)を使用します。
当社でも、従来より塩化ナトリウムを使った塩水噴霧試験は提供しておりました。

塩化カルシウム(CaCl2) を用いた塩水噴霧試験ニーズの増加

ここで、塩化カルシウムを用いた試験の必要性の一例を紹介します。

塩化カルシウムは主に凍結防止剤や融雪剤として道路上に散布されます。そのため、散布された路面上を走る車のボディや部品に、錆やその他不具合を発生させる可能性があります。
その様な影響を受ける可能性のある製品を評価するために、試験を行う必要性があります。

ちなみに、塩化ナトリウムも同様の用途で使用されますが、塩化カルシウムの方が水の凍結温度を大幅に下げるため、即効性が高く、大雪の際はこちらの方が重宝されるそうです。

塩化カルシウム(CaCl2) 対応試験器の仕様

【型式】    板橋理化工業 TQ-2
【主な機能】  塩水噴霧、低温、塩水浸漬
【試験室寸法】  W 1000×D 490×H 600mm

※対応可能な試験条件に付いては、個別にご相談ください。
 ”お問い合わせはこちら”

今回は以上です。
エタックでは、市場のニーズやお客様の声に応えられるよう、今後も試験メニューを増やしていきたいと考えております。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

『最新環境試験トピックス』ウェビナー開催!!

日時   : 2022年7月28日(木) 14:00~15:00

参加費  : 無料

会場   : オンライン ※Zoom ライブイベント

主催   : ETAC & 神栄テクノロジー

申し込み : こちらをクリック

ETACは神栄テクノロジー様と協力して、JEDEC落下衝撃試験のサービスを提供しております。
神栄テクノロジー様は落下衝撃試験を、ETACは測定および故障解析をそれぞれ担当しております。
今回はそれぞれの持つノウハウを活かした最新トピックスをご紹介します!!

■テーマ1:現場技術者のための温度サイクル試験と最新動向

温度サイクル試験の計画・実践する上で抑えておきたいポイントとして、以下の項目についてご紹介します。

・温度サイクル(温度変化)試験の試験種類の選定方法
 二槽気槽式、一槽気槽式、液槽式などの特徴について

・車載部品における温度サイクル試験(LV124)

・最新規格動向

・寿命算出方法

・低GWP冷媒R-448A

テーマ2:製品および包装設計のための衝撃強さ試験

製品設計と包装設計の両方に関係した製品衝撃強さ試験(JISZ0119)について、その概要及び簡便法についてご紹介します。

皆様のご来場、心よりお待ちしております!!

※競合他社はお断りさせて頂く場合があります。
※本内容は予告なく変更する場合があります。

3600Lの大容量&急速温度変化!!みずなみ試験所に新試験器導入!!

皆さんこんにちは、エタックの森下です。

今期も受託試験所に続々と新たな設備を導入しておりますが、みずなみ試験所に非常に存在感のある試験器が加わりました!!

『急速温度変化試験器 Clime Event WIDEバージョン』

■型式C3600/70/4
■温度範囲-70~+150℃
■湿度範囲10~95%RH
■内寸法W1990×H1510×D1200mm
■容量3600L
■温度変化速度4℃/分
■床面耐荷重250kg

最大の特徴は「大容量」かつ「耐荷重仕様」

大型で重量のあるサンプルだけでなく、これまでカットしなければ試験できなかったサンプルをそのまま設置することができます。
車載部品等においては、部品単体だけでなく、ユニットでの評価が必要なケースも多くなっておりますので、そのようなサンプルの評価にも適しております。
もちろん、一度に大量のサンプルの評価も可能です。

さらに、温度変化速度が「4℃/分」

通常の大型試験器と比べると、非常に素早く温度変化が可能な試験器となっております。(昇温・冷却速度は制御可能)
様々な条件を組み合わせたプログラム運転や、定速温度化が求められる試験に対応すことが可能な装置となっております。

なお、この装置はヨーロッパの主要自動車メーカーやエレクトロニクス業界に豊富な実績を持つドイツの試験器メーカー「WeissTechnik」の装置です。
LV124・DIN・欧州メーカー規格等、ヨーロッパ市場に向けた製品の評価においては、非常に信頼性の高い装置となっております。

最後になりましたが、この装置は受託サービスだけでなく、販売も行っております。
導入に興味があるお客様もぜひお問い合わせください。

今回は以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

短納期装置のご紹介

各業界において、世界的に長納期化やコストアップが問題となっております。
そうした状況に対応するため、この度エタックでは短納期製品をラインナップに追加しました!

低温恒温恒湿器/HIFLEX NEOシリーズ 『FX421N-EL』

・最短約1か月の短納期
・低GWP冷媒R448A(GWP値:1387)採用
・加湿水消費水量が少ない(一回の給水で85℃85%連続1000時間運転可能)
・メンテナンスが簡単(水回路清掃に工具不要等)

また、お値段についても、類似装置よりお求めやすい価格となっております!

「試験需要があるけど、装置がすぐ手に入らない」
「予定していた価格より上がってしまったため予算が足りない」
このようなお悩みをお持ちのお客様は、ぜひエタックの新製品をご検討ください。

装置の仕様についてはこちらよりご覧ください。→ 『FX421N-EL』
※湿度制御の無いタイプ(FL421N-EL)もございます。

小型・段積み恒温槽/HIFLEX NEO-Sシリーズもラインナップ拡充!

小型・段積み恒温槽のHIFLEX NEO-Sシリーズの廃盤の再販を開始しました!
こちらも、短納期ニーズにお応えできる装置となっております。
装置の紹介、及び仕様についてはこちらよりご覧ください。→ 『HIFLEX NEO-S』

今回は以上になります。エタック森下がお届けいたしました。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

『空冷最速!!!』気槽式熱衝撃試験器

昇降式・冷熱衝撃試験器 「ShockEvent T/60/V2」

皆さんこんにちは、エタックの森下です!
今回は 、昇降式・冷熱衝撃試験器 「ShockEvent T/60/V2」 をご紹介します。

こちらはドイツを拠点とする世界有数の環境試験器メーカー『Weiss Technik』の装置です。
世界15 カ国40 箇所に 拠点を置く環境試験機器の世界的なトップブランドです。
日本ではエタックがオフィシャルセールスパートナーとして、責任を持って販売・設置及び、アフターサービスを行っております。

この試験器の特長として、テストエリアが上下に稼働する「試料移動型」であることや、LV124等の「国際規格に準拠した試験を行える」ことがフォーカスされておりますが、それ以外にもこの装置には様々な特長があるので、そちらを紹介したいと思います。

■温度復帰時間が早い

試験器本来の冷却・加熱能力に加え、扉部に特殊なシーリングを採用していたりと気密性の高い堅牢なテストエリアとなっております。
そのため、条件の厳しいMIL-STD833K1010.9 コンディションDにおいて、試料温度復帰15分以内が可能となっております。

・試験条件
高温さらし : +200℃
低温さらし : -65℃
試料 : IC 12kg

・測定方法
槽内9点(中心・上下四隅)に設置した試料内部の温度を測定

■導入しやすい

温度復帰性能が高いにも関わらず空冷式となっているので、クーリングタワーやチラーが不要です。
さらに装置外寸900mmと非常にスリムなので、限られたスペースにも設置可能となっております。

■デフロストフリー

特殊シーリングと気密性の高いテストエリアに加え、独自の機構を設けることで霜付を防ぎ、1000サイクルのデフロストフリー運転が可能となっております。大幅に試験時間を短縮させます。


■低GWP冷媒採用

国際基準値の新Fガス規制値をクリアしたR449Aを採用しています。地球環境の事を考えた装置です。

■大型観察窓を標準搭載

視認性の高い大型観察(W355mm × H355mm)が標準搭載されております。
試験を継続しながら試料の状態を確認できます。

■恒温槽としても使用可能

熱衝撃試験器としてだけでなく、2つのエリアを独立した高温槽あるいは低温槽として使用可能な2WAY対応の試験器となっております。

いかがでしたでしょうか?
グローバル対応だけでなく、温度復帰性能・導入しやすさ他、熱衝撃試験器を必要とされるお客様にとって欠かせない機能を備えた装置となっております。
まさに『コンパクトでありながら、性能は巨人』と言える装置ではないでしょうか。

今回は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

雪化粧のみずなみ試験所

瑞浪で何年かぶりに積雪があり、お越し頂くお客様がスムースに駐車頂くように
駐車スペースを含め試験所前の雪かきを行いました。

また、試験所前の坂道は急で、多くの車が上ることが出来ず、スタックしていたので、
坂道に「融雪剤」を散布するなどの救援も行いました。

ご来所の際、今回のような積雪(試験所周辺)等を含めて、ご不明な点やご心配な点が御座いましたら、
ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

安全仕様オーブンをお探しのお客様へ 『HG220』ご紹介

溶剤乾燥用安全仕様高温器『HG220』のご紹介

こんにちは、エタックの照内です!
今回は、溶剤乾燥用の安全仕様高温器『HG220』についてご紹介致します。

溶剤(有機溶剤)とは、他の物質を溶かす性質を持つ有機化合物で、お客様の中でも、溶剤として塗装、洗浄、印刷等の作業に幅広く使用されています。

メタノール、エタノール、トルエン、アセトンなどが代表として挙げられますが、これらの乾燥時は可燃性蒸気が発生しますので、乾燥オーブンには安全対策が必要となります。

弊社には爆発ベント付きのオーブンがございます。
万が一、槽内で爆発が生じても、天井部のベント(爆発圧力放散口)から爆圧が抜けるので、作業者や設置環境への影響を最小限に抑えることができますが、この爆発ベント付きのオーブンであれば、安全対策は十分に取れていると言えるでしょうか?

ETACは、さらに安全にご使用できるオーブンでお応えできます!

そもそも、安全を第一として考えるのであれば、「爆発が生じても周囲への影響が少ないオーブン」よりも、「爆発が生じる可能性を低く抑えることができるオーブン」の方が重要ではないでしょうか?

弊社では、そんな溶剤を始めとする危険物の乾燥や熱処理を行う為の安全対策がふんだんに盛り込まれたオーブンを標準でご用意しております。

それがこちらの溶剤乾燥用安全仕様高温器『HG220』です!

標準仕様で下記内容の安全対策が講じられています。

いかがでしょうか?

ここまでの安全対策が標準で講じられているオーブンは、安全に対して真摯に向き合ってきたETACならではの製品です。
(ETAC環境試験の安全に関する取り組みのご紹介記事についてはこちらからどうぞ)

「安全はすべてに優先する」をコンセプトに開発した溶剤乾燥用恒温『HG220』を是非ご検討下さい。
ご検討時には、是非お客様が使用される溶剤や、供試品の量、乾燥時間などをご連絡下さい。当社営業員が、HG220で安全にご使用できるかご案内させて頂きます。

ご参考として、HG220で加熱乾燥を許容している溶剤は、主にメタノール、イソプロピルアルコール、エタノール、トルエン、アセトン、キシレン、酢酸エチルなどの溶剤です。その他については、弊社までお問い合わせ下さい。

また、本製品は防爆仕様ではございませんのでご了承下さい。

今回も最後までご覧頂き、誠にありがとうございました。

株式会社オーバル様

※業界カテゴリ:各種流量計の製作販売

導入機種:FX631N-E

R-23代替冷媒R-469Aを採用した国内唯一の低GWP超低温恒温恒湿器

温度範囲:-60℃~+150℃
湿度範囲:20%RH~98%RH
冷媒種類:R-448A+R-469A

今回は各種流量計の製造をされている、オーバル様にお伺い致しました。
神奈川県横浜市にある、オーバル様で ETAC HIFLEX NEO-Eを導入されたきっかけや、その後の使用感などについての感想をインタビューさせて頂きました。

お客様プロフィール

所在地  : 〒236-8645 神奈川県横浜市金沢区福浦1丁目9番5号 
従業員数 : 672名(連結)
事業内容
 1.オーバル歯車式およびその他各種流量計の製作販売
 2.計測管理およびエネルギー管理用諸機器、諸装置の製作販売
 3.計装及び環境制御に関する諸工事ならびにこれに関連する諸機器の製作販売
概要 : 株式会社オーバルは、1949年(昭和24年)に日本初の容積流量計であるオーバル流量計を世に送り出して以来、産業のマザーツールと言われている「流量計」のパイオニアとして、流量計および関連機器の開発、システムエンジニアリング事業、校正事業などを展開しています。「流れに価値を加えます」の企業メッセージのもと、長年培った流量計測技術を軸として新しい価値の創造に挑戦し続けています。
URL  : https://www.oval.co.jp

導入前の背景や課題

試験時間を短くしたい。

使用装置の老朽化更新で検討を開始したが、全体的な試験時間の短縮も考えていた為、冷却速度が速い機種をポイントとしました。
また、当社の製品開発においては、お客様の製品設置環境(配管等を含む)にできるだけ近い状態を再現しながら評価を行う為、従来品同様になるべく大きな試験槽である事も条件としておりました。

研究開発部
研究開発第二グループ
主任 北野 哲史様

選定のポイント

冷却速度が速い事に加え、水の消費量が少ない事

現在使用している装置でのオペレーターの負担として加湿給水のタンク交換が一つ挙げられます。
長期に渡る試験の中で、例えばある程度の休日期間を挟む場合、給水タンクの交換がネックとなっておりましたが、エタック製品では「特殊機構により水の消費が少ない」という事が魅力に感じました。

導入後

細部の可視性が向上

天井照明を設けたことで、表示部の観測が格段に向上しました。特にバックライトを付けない状態での表示部視認性・可読性についての評価で早速助かっております。

エタック担当営業より

この度は「冷却速度が速い点」「加湿水のが少ない点」を中心に当社製品をご評価、お選び頂きまして誠にありがとうございました。
ご導入から未だ月日が経過しておりませんが、長くご愛用頂けるよう今後もサポートさせて頂きます。「安心・快適・手間いらず」という当社コンセプトのもと、今後もより良い製品を発信し続けていけるよう努力してまいります。

エタック担当営業 TOPICS

ETACの低温恒温恒湿器は、水回路に強い、高い基本性能を確保しております。

恒温恒湿器のトラブルの多くは加湿水回路に起因します。エタックは試験現場での経験をフィードバック、水回路のトラブルを未然に防止し、長期にわたって安心してご利用できる信頼性を確保、一度の給水での長時間運転を可能としております。つまり言い換えれば、お客様のオペレーター負担を減らす事が出来るということです。
当社HP(https://etac.jp/blog/2021/08/kashitusui/)にも記載しておりますが、シチュエーション毎の安定稼働だけでなく、長期的な目線での装置運用という側面からも、このポイントを意識して頂ければと思います。