急速温度変化試験器 Clime Event

エタッくん:
みなさん始めまして。エタッくんと申します。

佐藤:
こんにちは、エタッくん。営業の佐藤です。

エタッくん:
JEDEC規格の『JESD22-A104E』を恒温恒湿槽でやってみました。

佐藤:
JEDECの規格と言えば世界中で使われている規格ですよね。

※用語:JEDEC
JEDEC半導体技術協会は半導体技術を行うためのEIA(Electronic Industries Alliance)の機関で、電子技術業界のあらゆる領域を代表する事業者団体である。(Wikipediaより抜粋)

エタッくん:
そうですよ。今回はJEDEC規格の中の、『Temperature Cycling:JESD22-A104E』のはんだ接合部の試験をやってみました。
Temperature Cyclingは直訳すると温度のサイクルですが、ヒートショックや熱衝撃と受け止める方もいらっしゃると思います。

佐藤:
という事は、エタックの温度サイクル試験器 WINTECHを使えばできそうですね。

佐藤:
あっ、規格の中に「2.12 ramp rate: The rate of temperature increase or decrease per unit of time for the sample(s).」という項目があります。
JESD22-A104Eにはランプ制御の定義が記載されていますね。

※用語:ランプ制御
傾斜制御とも言い、環境試験器を用いる温度の試験では、一般的に直線的な温度移行を実現させる制御としてとらえられることが多い。

佐藤:
WINTECHでは温度復帰時間(温度移行速度)が設定できないから、 “厳密に言うと” JESD22-A104Eの試験はできないですね。
この試験ができる環境試験器があるのですか?

エタッくん:
はい、恒温槽(恒温恒湿槽)でこの試験はできるんですよ。

佐藤:
恒温槽は1つの槽内で低温から高温まで設定できる環境試験器、恒温恒湿槽はさらに湿度も制御できる環境試験器ですけど、エタックのHIFLEX NEO-Eでできるのですか?

エタッくん:
いいえ、HIFLEX NEO-Eではなく、
Clime Eventでできます。

佐藤:
Clime Eventとは我が社、楠本化成株式会社が販売窓口になっているWeiss Technik社の急速温度変化試験器のことですね。

エタッくん:
そうです。今回はClime Eventの「C/480/70/25」という型式で、試験をやった結果が以下の通りです。
試験器の中には電子基板を複数枚入れています。

佐藤:
今回の試験条件は-40℃~+100℃を設定して、Ramp rateはJESD22-A104Eのはんだ接合部の試験で推奨されている10℃~14℃/分より速い20℃/分を設定したのですね。

用語:Test Condition
規格の中に「5.2 Maximum and minimum temperature」という項目があり、高温と低温の組み合わせがTest Condition(A~T)によって分類されている。ただしこの組み合わせ以外も設定してよいとされている。

エタッくん:
先ほどのグラフの通り、20℃/分でランプ制御できています。

佐藤:
Clime Eventは温度移行速度が速くランプ制御ができるので、JEDEC規格に限らず様々な試験規格に対応できますね。

エタッくん:
エタックの試験所には最速25℃/分の試験が可能なClime Eventが複数台あるので、
試験を受託することも出来ますよ!


今回は以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

木製ロボット、みずなみ試験所に立つ

みずなみ試験所の入り口に職員が趣味で作成した高さ2mの木製ロボットが着任いたしました。
間接が動いたり、目が光ったり・・・

ロボット好きにはたまらないギミックが入れ込んであります。
どんな姿かは、ご来所の際のお楽しみ!
試験所にお越しの際は、是非ご覧ください。

みずなみ試験所の詳細はこちら

ETAC環境試験器の安全に関する取り組み

爆発放散口・オリジナルねじ込みハンドル ご紹介

エタックエンジニアリング(株)では装置の開発、設計、製造を業務としております。
この度、その中で当社の安全に関する取り組みにつきまして一例をご紹介します。
日ごろお使いの環境試験器は、試験槽内に様々な供試品を入れて試験されます。
その中でも、可燃性ガスを揮発する材料や、近年、リチウムイオン二次電池などのように、試験槽内で可燃性ガスを発生する恐れのある供試品は、最悪の事象として槽内空気と可燃性ガスが混合し着火することで、爆発に至ることが考えられます。
万が一の爆発事象などに至った場合、筐体より強度の弱い開口部を設け、被害を最小限にする方策があります。この機構を「爆発放散口」と言います。
なお、爆発放散口自身は爆発を予防するものではありませんので注意が必要です。
当社では、実際にプロパンガスやリチウムイオン二次電池での爆発実験を行い、動作検証を実施しております。

プロパンガスの爆破地実験事例

また、筐体の扉部分については、機器の強度試験などを実施するとともに、エタックオリジナルのハンドル機構を装備しています。
今年新しく特許取得※1 したエタックオリジナルの「ねじ込みハンドル」は、脱落防止機能を装備しており、従来のタイプからさらに安全性を高めています。
※1 特許第6896132号

扉ハンドル受け部
ねじ込みハンドル本体

当社では、ご要望に応じてこのような実験事例のご紹介や、仕様決定の際にご相談いただきお見積りを進めさせていただいています。
また、「安全性を確認するために実際に実験をしてみたい」というようなご要望につきましても是非ご相談ください。

今回は以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

軟膏容器 取り扱いしております

エタックの環境試験器は、原材料を扱われているお客様にも広くご利用いただいております。
また、導電ペーストのような電気的評価を行うための計測システムも扱っており、それらをかけ合わせることで特定環境下での電気的測定が可能な装置を提供しております。
今回は、そうしたエタック製品をお使いの材料系の評価をされているお客様に向けたご案内です。

化成品事業部より「軟膏容器」のご紹介

はじめまして。化成品事業部の江崎です。
エタック製品を扱う楠本化成(株)には化成品事業部があるのをご存知ですか?
そんな化成品事業部の取扱商品の一つに軟膏容器がございます。
軟膏容器とは、写真のように口が広く、粘度が高いモノを掻き出し易い特徴を持っています。

導電ペーストやレジストインキなど粘度が高いものを入れる用途で、50社を超えるお客様にご愛顧頂いております。
取り扱いのラインナップも70ml~1500mlまでと幅広くご用意しております。
種類もスクリュー式と打栓式があり、着色も可能です。
「たしか、こんな容器を会社で見かけたな…」と思われた、そこのお客様!
BCP対策やコストダウン等、お力になれる筈です。
ご興味あるお客様はぜひ一度、化成品事業部/江崎までご連絡下さい。
TEL:03-3292-8681
お問い合わせフォームはこちら

軟膏容器の詳細はこちらにも掲載しております。
https://www.kusumoto.co.jp/product/raw-materials/package/container.html

今回は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。