ETAC

腐食試験

塩水噴霧試験

塩水噴霧試験

¥1,000/h〜

セットで可能な試験

自動車部品の塩水噴霧試験ではISO19453やJASO M609、610に代表されるCCT(Cyclic Corrosion Test)を実施する事が求められます。 塩水噴霧→乾燥→湿潤で8時間/サイクルを実施する加速腐食試験で自動車がさらされる過酷な環境を再現します。ETACでは大型の装置では幅2,000mm、耐荷重300kgまで対応可能です。写真撮影や腐食の解析なども合わせて実施致します。

代表装置仕様

型式 内寸法(W×H×Dmm) 塩水噴霧 乾燥 湿潤 耐荷重
CYP200Z 2000×1000×1000 35℃ 5%NaCl RT+10℃~70℃ RT+10℃~60℃ 60~95%RH 300㎏
TQ-2型 1000×1000×600 35℃ 5%NaCl RT+10℃~70℃ 50~70℃ 60~95%RH 60㎏

ガス腐食試験

ガス腐食試験

¥800/h〜

セットで可能な試験

ガス腐食試験は高濃度の単一ガス試験、2種、3種およびJISやISOで規定される4種混合試験をご依頼頂けます。放置試験だけでなく通電や、絶縁抵抗の測定、接触抵抗の測定などの槽内測定も実施します。腐食劣化の進行を電気的に判定すると共に外観撮影や腐食量の解析などを合わせて実施する事で腐食試験の結果を定量化する事が可能です。

代表装置仕様

型式 内寸法(W×H×Dmm) 温度範囲 湿度範囲 ガス種類
GH180(高濃度) 500×700×500 25~40℃ 50~95%RH H2S、NO2、SO2
GH180(4種混合) 500×700×500 25~40℃ 50~95%RH H2S、Cl2、NO2、SO2

化学負荷試験

化学負荷試験

¥50,000

セットで可能な試験

自動車部品の化学負荷はISO19453やJASO D014に代表される規格で35種類の化学薬品が規定されています。
塗布条件や暴露条件などご希望の方法に応じて実施いたします。写真撮影や腐食の解析なども合わせて実施可能です。

高温試験

高温試験

¥150/h〜

セットで可能な試験

一般的な高温放置試験としての使用方法はもちろん、腐食試験や耐水試験の用途として使用可能です。
化学薬品試験での高温放置では外気環境に影響が出ないよう密閉容器など専用治具を各種取り揃えています。また高温バイアス試験などにもご要望に応じた信頼性試験が可能です。

代表装置仕様

型式 内寸法(W×H×Dmm) 温度範囲
HT220 600×600×600 70℃~+200℃
HT320 600×600×600 70℃~+300℃
HS260 800×1200×600 70℃~+200℃

外観観察

外観観察

¥1,000

セットで可能な試験

サンプルの外観写真は信頼性評価を行う上で重要な情報です。品目の形状、色、クラックなどから劣化状況を判定する情報が詰まっています。
試験前、試験後で比較する外観写真をお勧めします。デジカメを使用した撮影から、マイクロスコープやSEMなど様々な手法の観察に対応します。

腐食解析

腐食解析

¥1,000

セットで可能な試験

金属部品などの腐食の進行具合は定量化できます。質量減量、腐食面積測定や最大侵食深さ(3D、断面)などの手法を用い腐食試験後の定量解析が対応可能です。
また腐食部分のEDX元素分析を行い原因究明などに役立つ情報を提供します。

振動試験

振動試験

振動試験

¥2,000/h〜

セットで可能な試験

自動車部品の振動試験はISO19453やISO16750、JASO D 014に代表されるランダム加振試験を実施する事が求められます。
ETACの受託試験では60KNの加振力の設備で高加速度、高周波数の試験やEV用のモータやインバータに代表される大型部品(重量物)の加振試験などにも対応しています。温度複合環境振動試験、共振点探査、加速度ピックアップの取付、治具の作成や試験後の測定、解析なども実施可能です。

代表装置仕様

型式 加振力 内寸法(W×H×Dmm) 温度範囲 温度範囲
F-25000BD 25KN 1000×1000×1000 −50℃~150℃ 20%RH~95%RH
F-35000BD 35KN 850 800 900 −40℃~150℃
FH-40K 40KN 1000×1000×1000 −40~180℃ 20%RH~98%RH
EM2506 40KN 1450×1300×1000 −40~180℃ 20%RH~98%RH
FH-60K 60KN 1000×1000×1000 −40~+180℃ 20%RH~98%RH

HALT

HALT

¥500,000

セットで可能な試験

長年の経験を生かし、HALTでもっとも重要となる試験の進め方、機能試験のご提案、試験治具の設計など、お客様に最適な試験方法をご提案致します。
また、弊社信頼性クリニックと連携したパッケージサービスにより、HALT後の故障箇所の特定、状態観察、故障原因の究明など、トータルでサポート致します。

代表装置仕様

型式 最大加振値 内寸法(W×H×Dmm) 温度範囲 温度変化速度
Typhoon-2.5 50Grms 1100×860×1100 −100℃~200℃ 60℃/min